色の白さは七難隠すというけれど・・・

私は体格が良く、成長が早いほうでしたので、脇毛などのムダ毛が生えるのも多分人より早いほうだったと思います。
早いだけならともかく、とにかく濃い!多い!それが嫌で嫌で仕方がありませんでした。
脇毛、スネ毛、腕毛、指毛、顔毛(口周りや眉のあたり)…と部位も多い多い。

当時、思春期の私の周りにあったムダ毛への対処法は、剃るか抜くか脱色して目立たなくするか。

剃れば次から生えてくる毛がどうにもこうにも太いですし、
抜くのは余りにも時間がかかる上、肌が傷んでしまいます。
スネ毛等に使う脱色は根本的解決にはなりませんでしたし…。

しかも私は当時クラスで一番、いえ学校で一番といえる程、色の白い女の子でした。
色が白いのに毛は黒い。そのコントラストでムダ毛がすごく目立ちました。

子供の頃、「色の白さは七難隠すのよ」と母は言ってくれていましたが、隠しきれない難がふっさふさとあったわけです。
隠しきれないというより色白のせいで、より白日の下に晒されたような感じでしょうか。

脇毛が生えた頃から、他の女の子達の腕毛等が気になりはじめ、自分との違いに密かにショックをうけていました。
水泳の授業があるときや、デートでどうしてもノースリーブを着たいときなど、前夜は大忙し!
できるだけ目立たないように剃ったり抜いたり。

なんでこんなに毛のことを考えなきゃイカンのかと泣きたくなったものです。

通販で変なムダ毛対策グッズを購入して失敗もしました。

理容店の顔剃りに行ったら、女性の理容師さんが「あら~~産毛が多いわね~!すごいわ~!」と延々驚きながら作業。それから二度とその店には行ってません。
人類は進化しているはずだから、ムダな部分には生えなきゃいいのに!とどんなに願ったことか…。

今はおばさんになって、少しムダ毛もおとなしめです(笑)。歳を重ねるのも悪くないですね。
でも今からでもお金に余裕があればどんどん追加永久脱毛したいな、と思うのは女として当然ですよね。

⇒厄介なムダ毛の処理!おすすめなものとNGなもの

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ