太めの毛の処理は熱くて痛くて冬場は寒い

脇の脱毛とVIO脱毛をしましたが、まず脇の下は時間的に短く両腕で20分弱かかります。
毛の太いところと、薄いところとでは、断然痛さが違います。
熱いという感覚と同時に痛いです。
毛抜きで普段抜かない毛を一瞬抜いた感覚ですが、処理時間が短いため我慢はできます。
しかし、多少赤みが出るので、皮膚が弱い自分は翌日も冷やさないとヒリヒリしました。

一方、VIO脱毛は40分ほどかかりますが、脇の脱毛以上に痛くて熱くて、
何度施術してもらっていても涙が出るほど、痛さに体が慣れませんでした。
とてもデリケートな場所ですので、スタッフの方も丁寧にしてはくれますが、毛の太い部分はあまりの痛さに声がでてしまい、きつい時も何度かありました。

痛さを感じさせないために、施術前に、凍らしたようなかなり冷えたタオルを患部にあててから感覚を麻痺させます。
冬の寒い日はいくら暖房が効いていても寒くて仕方がありませんでした。
先に脇の下を施術してからVIO脱毛に入るので、両脇の下に冷たいタオルを挟みながら、下半身も感覚がなくなるまで冷やしますので、トイレも近くなりますし、寒くて震えてしまう時もあり、冬の間はもう少し暖房を強めにしてほしいとお願いしました。
が、特に聞き入れてはもらえなかったので、諦めて通いました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ